こんにちは

今日解説していこうと思うのは、「マイナンバーカード」についてです。

これから恐らく生活において必須になってくるであろうこの制度は、
できることが年々増えていってます。

今回はマイナンバーカードで現在できることと、これからできるようになることをまとめていこうと思います。

1.マイナンバーカードってそもそも何?
→まず、そもそもマイナンバーカードについてまとめると
個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な本人確認書類として利用でき、また、様々な行政サービスを受けることができるようになるICカードです。

今まで、本人確認書類や通知カードを見せなければならなかった手続きが、
カード一枚で済むので非常に便利な制度です。

2.マイナンバーカードで今できること

①個人番号の提出で使える
→就職や転職、入院や災害の際は個人番号を提出しますがその際に使えます。

②本人確認書類として使える
→免許証と一緒で顔写真もついているので、本人確認の際に一枚で完結する便利な書類です。
また、個人番号の提出も同時に求められる際は、一枚で完結できる唯一の書類になります。

③コンビニで公的な書類の取得ができるようになる
→今まで、市役所に行って取得していた住民票や印鑑証明書などの書類をコンビニで取得できるようになります。
6:00~23:00まででしたらいつでも発行できるので、引越しなどで忙しくしている時などは非常に便利なサービスになりますね。

④保険証代わりに病院で使える
→昨年10月から始まった制度です。
保険証の代わりに病院で健康保険を受けれるようになります。
また、今年4月1日から病院での受診料がマイナンバーカードを使った方が安くなります。
今はまだ対応している病院が少ないですが、2024年10月には病院側のマイナンバーカード対応が義務化になるので、そこまでに保険証とマイナンバーの一体化を申し込んでおくといいかもしれませんね。

3.マイナンバーカードでこれからできるようになること

①運転免許証との一体化
→免許証の情報が、マイナンバーカードのICチップに内蔵されることになる動きが進んでいます。2024年末を目処に政府が本格実装に向け動いています。
これが実装されれば、いろんな機能が一つになったマイナンバーカード一枚の
携帯で事足りるため、マイナンバーカードを持っておく理由になりますし、
免許不携帯のアクシデントを防ぐことができるかもしれませんね。

②引っ越し手続きのワンストップ化
→個人的に面白いと思ったサービスですが、複雑な引っ越し時の手続きをポータルサイト上でワンストップでできるようになるかもしれません。
まだ検証段階で実装予定日も未定ですが、これが正式に実装発表になればカード取得率は一気に上昇しそうな気がします。

今回はマイナンバーカードでできること、できるようになることをまとめてきました。

今まで証明書は何枚も持ち歩かないといけないため、家に忘れてきたり、財布がかさばったりと面倒なことも多かったですが、
全てマイナンバーカードで一体化されれば色んなストレスが無くなるので、私としては明日にでも全て一体化してほしいくらいです。

最後にマイナンバーカードについて簡潔にまとめている総務省のサイトを貼っておきますので、参考にしてください。

総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|マイナンバーカードwww.soumu.go.jp

皆さんにとって今回の話が少しでも有益なものになれば幸いです。

ではまた

投稿者 ryman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です