こんにちは

突然ですが、皆さんは「日本銀行」という組織が何を行なっている組織かをご存知ですか。

大まかに知っているが、経済に対してどのような役割を担っているかなどを具体的に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

つい先日、総裁が交代して話題を集めている組織ですが、今回は日銀の基本的な役割と現在の政策を解説していこうと思います。
日銀の基本的な役割を理解し、普段のニュースを読み解くヒントにしていってみてください。

1.日本銀行の基本情報
→日銀は日本の金融に関することの中心を担う存在であるから、
「中央銀行」という役割を担っています。
国の経済活動を裏で操作する役割ともいえます。

行なっている業務をざっくり3つに分けると、以下のようになります。

①紙幣の発行
→言葉の通り、紙幣や硬貨の発行を行なっています。お金の発行ができるのは日銀だけであり、普通の銀行はできません。
ただし、日銀はお金の預かりや貸出などの基本的な銀行業務はできません。

②政府の銀行
→政府が国民から預かった税金や国債のお金を預かり、公共事業(道路の建設など)や公務員への給料を出す役割を果たしている。

③銀行の銀行
→全ての銀行は、日銀に一部のお金を預けています。
日銀はその預かった一部のお金を他の銀行に貸出したり、銀行から他銀行への送金の決済など、お金の流通を管理しています。

日銀が主に行う業務は以上の通りになります。
では次に、現在の日銀が経済をどのように操作しようとしているのかを解説していきます。

2.日銀の現在の政策
→現在の日銀の狙いとしては、
「投資や買い物を積極的に行い、国の景気を良くする」ことが第一目標になっています。

そのために以下の2つの政策を実行しています。

①市場に出回るお金の増加
→お金をたくさん刷って市場に出すことで、使えるお金が増えるので景気が良くなると考え実行しています。

②金利の異次元緩和
→別の記事で解説しましたが、金利を低くしたら利息がつかないので、銀行預金が減り、市場に出回るお金が増えるので景気も良くなるという算段で実行しています。

実際この政策はうまく行っているかというと、
結論そこまで上手くはいっていません。

お金を増やして、企業が持つお金は増えましたが、
企業は経済ショックなどで経営が揺らぐことを恐れて、賃金を上げずに預金をしたのです。

銀行預金を減らすために金利も下げましたが、結局はお金は出ていかず、むしろ金利が下がったことで銀行の収益基盤が揺らぐという新たな問題を生じさせてしまいました。

今回は日本銀行について簡単に解説してきました。

今回だけでは説明しきれていない部分があるので、
別の機会で、植田新総裁の新たな政策などについても解説しようと思います。

皆さんにとって今回の話が少しでも有益なものになれば幸いです。

ではまた

投稿者 ryman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です