こんにちは

毎日、アメリカの利上げや日本の物価高などの報道が続いていますね。

そんな中で、今日は「為替介入」という言葉について簡単に解説していこうと思います。
また、昨年発動した為替介入にどのような背景があったかも併せて解説していきます。

1.為替介入とは?
→為替介入とは、通貨当局が自国通貨(円)を売買して、急激な円安または円高を是正しようとすることを指します。

昨年の9月22日に日本政府が24年ぶりに「円安を抑えるための為替介入」を発動し、大きな話題になりました。
では、次に昨年はなぜ為替介入が発動されたのかを解説しながら、どのような時に発動されるものなのかを説明していきます。

2.なぜ政府は24年ぶりの発動に踏み切った?
→昨年から、アメリカは急速な利上げに踏み切っています。その影響でドルが高くなり、円が安くなる「ドル高円安」が急激に進みました。

あまりに急激な円安の進み具合に、為替市場の混乱を招く可能性を危惧した政府が為替介入に踏み切ったというわけです。

実は為替介入に踏み切ること自体はそこまで珍しい話ではなく、過去20年間で、6回(今回のものも含む)の介入を行なっています。
しかし、それはいずれも円高を抑えるための介入でした。

通常、日本は輸出をするのに有利な状況を保つために円安を維持しようとしてきました。
しかし、今回はあまりに急激な変化だったので、政府も市場の混乱への不安が拭いきれなくなり円安を抑える介入に踏み切ったわけです。

3.為替介入の効果はどれくらいある?
→結論から言うと、「短期的には効果があるが、長期的な効果は薄い」と言うのが真実である。

一時的な円やドルの売り買いを行なっても、為替トレンドの根本を変えることはできないのです。
根本を変えるためには、金融政策などの社会全体を長期的に巻き込む変化を起こすことが大事になってくるのです。

今回は為替介入という言葉について解説してきました。

現在もアメリカの利上げは続いているので、また為替介入が発動する可能性は0ではないと思います。

もし為替介入が新しく行われたら、そこにはどんな背景があるかを次回からは考えてみるといいかもしれません。

皆さんにとって今回の話が少しでも有益なものになれば幸いです。

ではまた

投稿者 ryman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です