こんにちは

皆さんChatGPTがネット界隈を騒がせていますね。

今までにはない利便性で、今後の我々のネット生活を大きく変えてしまいそうなものですが、まだどのようなものかよく知らない人も多いのではないでしょうか?

今回はChatGPTの基本を解説していき、今後の動向にも少し触れていこうと思います。

1.ChatGPTとは何?
→簡潔に答えると、AIを使って人間のように自然な会話ができるチャットサービスでのことです。
皆さんもネットで調べ物をする時に、商品名や店舗名がわからないので調べるのに一苦労したという経験は多いのではないでしょうか?
その悩みを解決するのがChatGPTです。

例えば「新宿で日曜日に6人で誕生日パーティをランチで行いたい。」と検索窓に入力すると、それに最適な店を表示してくれるのです。

2.どうやって使える?
→現在、検索エンジン上で使えるChatGPTは「Bing」だけになります。
Bingで搭載されたのも、今年の2月でありまだごく最近です。

検索エンジンの王様であるGoogleは、「bard」というChatGPTを現在準備中であり、アメリカの一般ユーザーには試験的にですが利用できるようになっています。
これから全世界に普及すれば、一気に利用者が爆増しそうですね。

3.今後はどうなる?
→ChatGPTでできることや精度は、日を追うごとに上がっており、多言語の翻訳や編集者並みの文章スキルを見せるようになっています。
質問に対して、ある程度のユーモアで返答するなど、もはや機会ではないレベルにまで到達しようとしています。

私たちの生活を大きく変えるかもしれませんが、同時に脅威にもなり得るのです。

ただし、便利な面だけではなく、リスクも含んでいます。
現時点で判明している一番大きなリスクは個人情報の漏洩です。

Chat GPTはユーザーが入力した情報を学習するため、自分が入力した会話を記憶し、他者とのやりとりで漏らしてしまうということが実際に起こっているようです。

企業でも、Chat GPTにバグが発生した原因を解決するためソースコードを教えたり、会議の議事録を依頼したら、情報漏洩になってしまったということが既に起きています。

イタリアではこの状況を鑑みて使用禁止になってしまいました。

今回はChat GPTについて解説してきました。

近未来的で非常に便利なものですが、ハイテクすぎるが故の罠も潜んでいますので、よく考えながら皆さんも是非利用してみてはいかがでしょうか。

今回の話が皆さんにとって少しでも有益なものになれば幸いです。

ではまた

投稿者 ryman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です