こんにちは

突然ですが、皆さんは「2024年問題」という言葉を知っていますか?
私は最近この言葉を知りました。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は我々の生活に密接に関わってくる問題なので、今回はこの問題を解説していきたいと思います。

1.2024年問題とは?
→簡潔に説明すると、働き方改革関連法によって2024年4月1日以降、
自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることによって発生する問題の総称のことです。

2.なぜ制限が設けられるのか?
→物流業界は、EC市場の急成長による宅配便の取り扱い個数の増加、若手不足と高齢化による労働力不足などにより、長時間労働の慢性化という問題を抱えています。
そんな中で、残業時間の上限を定めることにより、ドライバーたちの就業環境を改善しようという狙いで制度が設けられるのです。

3.制度制定でどのような問題が生じる?

①運送・物流業者の売上、利益減少
→規制により、1日に運べる荷物の量が減るため、運賃を上げなければ収入が減少してしまいます。
しかし、運送業者は過当競争になっており、荷主企業はより運賃の安い業者へ依頼するため、運送業者が荷主と価格交渉しにくい現状があります。

そのため価格も上げれず、今よりも運ぶ荷物の数は減るため、売上は減少してしまう恐れが高いのです。

②ドライバーの収入減による、離職率の増加
トラックドライバーは走行距離に応じて運行手当が支給されるため、本来であれば走れば走るほど収入が増えるのですが、労働時間の規制により走れる距離が短くなれば収入が減少してしまいます。
収入が低いとなれば離職に繋がる可能性もあり、労働力不足に拍車がかかる恐れもあります。

以上2点の問題により、我々消費者にとっては、物が届くのが今よりも随分遅くなってしまう可能性が出てきてしまうのです。

今回は物流業界の「2024年問題」について解説していきました。

来年に迫ったこの問題ですが、実は国から具体的な業界への対応策の提示などがまだないのです。

再配達の削減やDX化の奨励などは行なっていますが、具体的な対応策の提示は今年6月頃を目処にされるようです。

今後も何かこの問題に関して、新しい動きがありましたら解説していこうと思います!

皆さんにとって今回のお話が少しでも有益なものなれば幸いです。

ではまた

投稿者 ryman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です